— 雑感 —

信頼感とウィンドサーフィン

— メールマガジン —

メールマガジン 2022年7月号 配信しました

— コラム —

「これやれるべき」 vs. 「次の一歩」

— 事例 —

芝浦工業大学ビジネスモデルコンペティション 2022

— メールマガジン —

メールマガジン 2022年6月号 配信しました

none

Message

メッセージ
こんにちは、コーチの綿引いずみです。

ニューロリーダーシップ研究所認定のブレイン・ベースド・コーチングを提供しています。

コーチングは、 1人ではたどり着けない考えや見方を、クライアントの方が発見するプロセスです。

プロセスの過程で、振り返り、学びを定着化し、エネルギーチャージをしていきます。

もうここまでだ、と思っていることでも、まだまだ可能性がある。そんな会社員人生を送れるお手伝いをしたいと思っています。
none

レゴを使ったワークショップ

教わるではなく、考える研修
レゴⓇシリアスプレイⓇメソッドを活用したワークショップ。チームで一緒に考える、組織の問題解決、戦略をクリエイティブに創り出す、ワークショップです。
none

コーチング

ブレイン・ベースド・コーチング
脳科学に基づくコーチング、ブレイン・ベースド・コーチングを提供します
ニューロリーダーシップ研究所のコーチング理論で
自分の考えるに向き合い、自己成長、目指したいゴールを一緒に考えます

お客さまの声

レゴⓇシリアスプレイⓇのワークショップに参加されたお客さまの声です

マネージャー

"レゴで作って説明することで、深い心理まで表してくれるということが印象に残った"

マネージャー

"文章からでは表層的で薄っぺらいと思っていたことが、手を動かしながらのアウトプットと、関連性の説明を聞いたことで確信に変わったこと"

マネージャー

"手を動かして、考えて形にしていくことは思考の過程を論理的にでき、また深度も深めることができることが分かった"

よくある質問

サービスについてよくあるご質問です
Qレゴを研修に使う利点はなんですか?
レゴブロックを使うことで、普段認識していない自分の考えや、頭の中だけで思考していることを、3次元の場に出し、考えていることを物理的に見ることができます
Qオンラインでどのようにレゴの研修をやるのでしょうか?
レゴを使ったオンライン研修では、事前に参加者にレゴブロックをお送りします。ZOOMを通して、各自がテーマに沿って作った作品について語っていただきます。
QレゴⓇシリアスプレイⓇが適している研修テーマはありますか?
正解がない物事を考える研修や、メンバー一人一人が異なる意見を持っている場合のビジョン策定などに向いています。また、ブロックを操作できるため、ビジネス状況を予測するなどの戦略策定にも向いています。
Q"考える"研修は、参加者の能力によって効果が異なるのではないでしょうか?
はい、異なります。一人一人考え方は異なるので、研修で得られる成果も異なります。ゴールテープを切ることよりも、各自のスタート地点からどれだけ前進したかを重要視しています。
Qブロック研修に向いていない職種や業種はありますか?
レゴを使った研修は、ボトムアップで、新しいことに挑戦する、そのような意欲が沸いてきます。よって、研修で出てきたアイディアを実行することを奨励する企業や現場が向いています。
Qブレイン・ベースド・コーチングとは何ですか?
脳科学をベースにした、コーチング理論です。ニューロリーダーシップ研究所が構築・実践しています。
Qコーチングとは何ですか?
コーチングとは、”コーチイー(受ける方)の考えの進歩による、ポジティブな変化をファシリテートすること”。と、ニューロリーダーシップでは、定義しています。
Q個人でも受けられますか?
はい、個人向けコーチングサービスも提供しています。コーチングセッションが6回受けられるコースをお勧めしています。詳しくは、”個人の方向け コーチング"をご覧ください。
Qコーチングを受けたことがありません。お試しで受けられますか?
はい、体験セッションをご用意しています。1回60分のセッションです。ぜひお気軽にお申し込みください。

お客様の声

コーチングを受けた方の感想です
S. Iさん

S. Iさん

大きな視点でビジネス・遊びに取り組む事の重要性。成長意欲がわきました。
M.Uさん

M.Uさん

今日のコーチングで、何をどう対処していこうか見えてきて、自分が整って、少しずつ霧も晴れてきたような気がしました。こういった機会は、本当に大事だと改めて実感しています。
匿名さん

匿名さん

自分が潜在的に思っていることと向き合うことができ、ポジティブな気持ちになれた。
匿名さん

匿名さん

自分の目指しているところを見たときの、現在いる位置とそこに向かって進める考え方が明確になった。
匿名さん

匿名さん

長く「受動的でどうにもならない」と思っていたことが、実は「とても能動的」だったという発見!
匿名さん

匿名さん

考えねばならない、と考えていたことが、今やっていることの延長線上に答えがあるであろうということに気づき、それを集中してやることこそが重要であるということがクリアになった。